双子の妊娠について

双子を授かる確率は、80人に1人と言われています。
それほど珍しいことではないですね。

最近は、排卵誘発剤を使い不妊治療をしている方など、よく耳にするかとおもいます。

双子の妊娠は、異常妊娠ではありません。
しかし、双子妊娠中は貧血や妊娠中毒症に注意しましょう。

お腹の中には2人の赤ちゃんがいます。

でも、ママは1人です。
どうしてもママに負担がかかってきてしまいます。
できる限り、安静に過ごしましょう。

妊娠中毒症や貧血も起こりやすくなるので、食事にも気をつけましょう。

双子の妊娠はどうしても早産になりがちになってしまいます。

双子の出産は、普通分娩も可能です。

30週を過ぎたころから、入院して様子を見るように勧められることも、多いようです。

一卵性と二卵性

一卵性とは、1つの卵が受精し二つに分かれて育つことです。
一卵性だと性別は必ず同じで、顔も性格も似た赤ちゃんが生まれてくることが多いです。

二卵性とは、二つの卵が受精し別々に育つことを言います。
こちらの場合は、兄弟程度にしか似ていないことが多いです。
性別も違うこともあります。

双子の妊娠には安定期はないと思ったほうがいいと、医師からは言われるかと思います。

しかし、あまり心配はし過ぎず、ストレスをあまり溜めないよう、ゆったりとした気持ちで妊娠生活を送りましょう。

このページの先頭へ