切迫流産・流産について

切迫流産とは、流産を起こしかけた締まっている状況のことです。

流産は、全妊娠の10%~15%の割合で起こると言われています。
決して、珍しいことではないですね。

妊娠12週未満の流産を「早期流産」といいます。

早期流産はほとんどが、胎児の染色体異常があるために起こるともいわれています。
初期に起こる流産は、ほとんどが受精卵の異常ともいわれています。

妊娠12~22週の流産を「後期流産」といいます。

子宮口が緩んでしまったり、感染症による破水が起こってしまったりと、様々な原因が考えられます。

流産の症状は、下腹部の痛みや出血が伴う場合があります。
下腹部の痛みは、生理痛のような痛みが起こります。

出血については、鮮血や茶色っぽい色のものや、量も多かったり少なかったりとさまざまです。

中には、稽留流産といい、腹痛や出血などの自覚症状がないのに、お腹の中の赤ちゃんの発育が止まってしまっていることもあります。

流産の予防方法

体が少しでもつらいと感じたら、安静にします。
妊婦さんはとても疲れやすいのでこまめに横になるといいです。

そして、冷えを防止しましょう。
妊婦さんに冷えは大敵です。

夏場でも靴下を穿くなどの対策をしましょう。
特に腹帯をおすすめします。

また、暖かい食べ物を食べるのもいいでしょう。

同じ姿勢に気をつける

長時間、同じ体勢でいるのを気をつけましょう。

長時間のドライブなどは無意識にお腹に負担をかけてしまっています。
こまめに休憩しましょう。

そして、異変を感じたらすぐに受診しましょう。

このページの先頭へ