切迫早産・早産について

早産とは、妊娠22週~36週の間に赤ちゃんが生まれてきてしまうことです。

そして、早産の危険性があることを切迫早産と言います。

主に、立ち仕事の多い妊婦さん、上の子の子育てでよく動く妊婦さんなどはお腹に力が入りやすく、子宮が収縮してしまうため、早産につながりやすいと言われています。

また、ストレスや精神的ショックなども早産につながる場合もあります。

お腹がはりやすい、腹痛、背中や腰の痛み、血液の混じったおりものなどが主な症状です。

たまにお腹がはる程度だと、ほとんどが自宅療養となり薬を処方されます。
自宅で安静にしましょう。

仕事などがある場合も必ず、医師に確認をしましょう。
自宅療養でも、絶対安静の場合があります。

また、医師の判断により入院となり、絶対安静となり点滴する場合もあります。

自己判断はとても危険なので、いつもと違うような感じなどがあったりする場合は、医師に相談してみましょう。

早産の予防方法も、流産の予防方法と同じく、体を冷やさない、疲れを感じたら横になり安静にすることなどを心がけましょう。

このページの先頭へ