退院後に必要な物

退院後に必要な物は、衣類・おむつ・授乳用品・寝具・入浴用品などがあります。

すぐに使うものばかりなので、あらかじめ買い揃えておきましょう。

衣類

肌着・・・3~5枚
長肌着・・・1~2枚(冬のみ使用します)
ロンパース・・・4~5枚

肌着は、お店で肌着が何枚か入ってセットで売っているものがあります。
1セット買うと十分な枚数入っています。

紙おむつ・・・1~2パック

始めは新生児用を1~2パック買っておくのがおすすめです。
赤ちゃんはどんどん大きくなるので、始めのうちは赤ちゃんに合ったサイズを少しずつ買うのをおすすめします。

哺乳瓶・・・2~3本

母乳の方も、1本は用意しておきましょう。
120cc1本、200cc2本くらいあると便利です。

授乳枕

母乳育児をする人の必需品です。

ベビーベッド・・・1台

レンタルなどもあるので、検討してみましょう。
ベビーベッドを使う場合、マットレスも必要です。

防水シーツ・・・1~2枚

赤ちゃんはミルクを吐いてしまったりと、何かと汚してしまうので、防水シーツを敷いておくと安心ですね。

お布団・・・1組

赤ちゃんの敷き布団は、少し固め。
かけ布団は、ふわふわの柔らかいものを選ぶとよいです。

毛布・・・1枚

主に冬に使用します。

シーツ・・・2~3枚

洗濯できるように、何枚か用意しておきましょう。

ベビーバス・・・1つ

昔からあるプラスチックのタイプのものや、空気を入れて膨らますタイプのものなど、種類が沢山あります。

湯温計・・・1つ

赤ちゃん専用のものが売っています。
お家のお風呂が、温度が設定できるものであれば、無くてもあまり困りません。

ガーゼ・・・3~6枚

お風呂用に分けておくとよいです。
体を洗うようの小さいものと、体を覆うようの大きめなものを用意しましょう。

バスタオル・・・3~4枚

赤ちゃん専用のものを用意しておきましょう。

石鹸

赤ちゃん用のものが売っています。
泡で出てくるタイプのものが使いやすいので、おすすめです。

体温計

脇で測るタイプのものがいいでしょう。

爪切り・ヘアブラシ

赤ちゃん用のものが売っています。

綿棒

耳や鼻の掃除に使います。
赤ちゃん用の小さいサイズのものが売っています。

ベビークリーム

お風呂上がりなどのスキンケアに使います。

赤ちゃん専用の洗濯洗剤

しばらくは肌が敏感なので、無添加のものを使うといいでしょう。

その他のものなどは、育児をしていく中で、必要だと思ったものを買い足していくといいです。

このページの先頭へ