お産のしくみについて

安産になるために、妊婦体操・呼吸法を覚えておきましょう。

妊婦体操は、出産に必要な筋肉を鍛える事ができます。
体も柔軟になります。

妊娠中は運動不足になりがちなので、普段から意識しておくといいです。

呼吸法も覚えておくと、陣痛が来たときにうまく痛みを逃がすことが出来ます。

また、体内にも十分な酸素が行き渡り、お腹の赤ちゃんもリラックスできるでしょう。

お産の進み方・分娩の経過は、以下の分娩第一期~第四期に分けられます。

第一期

陣痛開始から子宮口が全開になるまでのことを指します。

初産婦だと約10~12時間、経産婦でも約4~6時間かかるといわれています。

陣痛は5~10分間隔から始まります。
子宮口が全開になる頃には、2~3分間隔になっているでしょう。

第二期

子宮口が全開になってから、赤ちゃんが誕生するまでのことを指します。

陣痛は、1~2分になっています。

初産婦で約2~3時間。
経産婦は、約1~2時間かかるでしょう。

第三期

後産です。

赤ちゃんが誕生してから、胎盤が出るまでのことです。
約5~15分程度です。

第四期

胎盤が出た後、約2時間分娩室で過ごします。

後陣痛といい、子宮が元に戻るために軽い陣痛のような痛みを感じるでしょう。

このページの先頭へ