妊娠8カ月(28~31週)

子宮底長・約24~27cm

お腹がさらに大きくなっているために、子宮で胃が圧迫されるので、1度にご飯が少ししか食べられなくなってくるでしょう。

子宮は、みぞおちの下あたりまで大きくなっています。

また、足元がかなり見ずらくなってくるので、階段を下りる時や、段差などに注意しましょう。

妊娠8カ月頃から、出産、入院に必要な物の準備を始めるといいです。

妊娠9カ月(32~35週)

子宮底長・約28~30cm

子宮がみぞおちあたりまで大きくなっています。

肺や心臓も圧迫されてくるので、動悸、息切れなどが起こりやすくなります。

赤ちゃんの頭で膀胱も圧迫されているため、頻尿にもなりやすくなります。
夜中に何度もトイレに行くこともあるでしょう。

妊娠9カ月のうちに出産、入院の準備は終わらせておきましょう。

妊娠10カ月(36~39週)

子宮底長・約31~33cm

赤ちゃんの頭が骨盤に入ってくるために子宮が下がります。

そのため、胃のほうが少し空くため、少しすっきりするでしょう。

しかし、赤ちゃんの頭が下がってきているために、頻尿などがさらに症状が重くなるでしょう。

出産が近づくと、赤ちゃんが生まれた時の準備の為に眠りが浅くなり、夜中に何度も目が覚めてしまいます。

37週以降になると、検診の際、NSTといってお腹の張りや陣痛が来ているかを調べる機械をつけてみていきます。

このページの先頭へ