陣痛中の痛みを逃す方法、呼吸法

リラックスしてお産を迎えるために、陣痛中の痛みを逃す方法、呼吸法を覚えておきましょう。

基本呼吸法

我慢できないほどの痛みを感じ始めたら、鼻から3秒かけて息を吸います。

その後、口から6秒ほどかけて息をはきます。

痛みが続く間、続けましょう。

痛くて息を止めてしまうと、赤ちゃんに酸素が伝わらなくなってしまい、赤ちゃんも苦しくなってしまいます。

陣痛の痛みの逃がし方

四つん這いになり、腰をゆらしてみたり、回したりみたりしましょう。
動かしてみると楽になる場合があります。

椅子にまたがる

椅子背もたれを前にし、またがりましょう。

足を広げて座るので、子宮口が広がりやすくなる場合もあります。

横になりマッサージ

背中や腰をさすってもらうといいです。

旦那さんがいれば、旦那さんにも手伝ってもらいましょう。

ゴルフボールやテニスボールなどを当てて、マッサージをするのもいいですね。

また、バランスボールを使ってみたり、カイロで温めたりと様々な方法があります。
自分に合った方法を試してみてください。

このページの先頭へ