出産方法の種類は?

出産方法の種類は沢山あります。

しっかり理解して、どのような出産方法にするか決めましょう。

自然分娩

自然に陣痛が来るのを待ち、出産する方法です。

立会分娩

パパがお産に立ち会うことです。

最近は、立ち会うパパさんが多いですね。

立会分娩をする場合は、パパも両親学級に参加し、一緒にお産のことを勉強します。
旦那さんとしっかり話し合ってみてください。

無痛分娩

麻酔を使い、お産の痛みを和らげることができます。

痛みに弱い方、体力に自信のない方などにおすすめします。

陣痛促進剤を使用し麻酔を使用するので、計画分娩になります。

また、計画した日より早く陣痛が来てしまった場合は、麻酔が間に合わずに普通分娩となる場合があります。

帝王切開

経膣分娩が難しいと判断された場合に、帝王切開となります。

下腹部と子宮を10cm程度切開し、赤ちゃんを取り出す方法です。

逆子や多胎、赤ちゃんがお腹の中で大きくなりすぎた場合など、帝王切開となる場合があります。

この場合は、計画分娩となります。

局部麻酔だと赤ちゃんの産声を聞くことができます。

ほとんどのお産は順調に進みますが、時にはお産の進行状況が悪くなってしまうことももあります。

その場合は、医療処置が行われる場合があります。

会陰切開

分娩中の赤ちゃんの頭が出るときなどに、会陰が避けてしまいそうになる時は、局部麻酔をし、切開します。

誘発剤・促進剤の使用

出産予定日を過ぎてしまった場合、妊娠高血圧症、または陣痛は来ているけど弱い場合などに、薬や点滴をします。

誘発剤・促進剤を使用する場合は、医師による説明があり、承諾となります。

しっかり理解したい上で、満足のいくお産にするために参考にしてくださいね。

このページの先頭へ