つわりになったら・・・

つわりは人によって、さまざまな症状が出ます。

妊娠によるホルモンの影響により、つわりが起こります。
ほとんどの人は、妊娠4カ月あたりで治まると思います。

しかし、なかには妊娠後期までずっと気持ち悪い症状が続く人もいます。

つわりになったら無理をせず、食べられる物を食べるといいでしょう。

しかし、水分はしっかり取っておきましょう。
脱水症状になってしまったら大変です。

水も気持ち悪くて飲めないい場合は、氷や炭酸水、アイスなど、いろいろ試してみてください。

食べ物もいろいろと試してみるといいです。
妊娠すると今まで嫌いだったものが食べられるようになったり、逆に好きだったものが食べられなくなったりします。

とっても不思議ですよね。

また、においに敏感になってくると思います。
におい対策として、冷やして食べてみる事をお勧めします。

フルーツや野菜などを冷やして、そのまま食べるのもいいでしょう。

しかし、フルーツの中には糖分が多く含まれているものが多いので、食べすぎには注意しましょう。

つわりの症状は、空腹になるとより強くなることが多いです。
1回の食べる量を減らし、何回にも分けて食べるといいです。

また、朝など目が覚めたらすぐ食べられるようにおにぎりや、サンドイッチなど、簡単に食べられるようなものを用意しておくとよいでしょう。

人それぞれ症状が違うので、自分なりにうまく乗り切っていきましょうね。

このページの先頭へ