里帰り出産について

里帰り出産は、奥さんが実家に帰って出産をすることです。

最近は、どの病院も分娩予約が取りずらくなってきているようです。

里帰り出産を希望する方は、早めに出産をする病院を決め、電話で確認をしておいた方がよいでしょう。

早い段階で一度、出産をする病院で、診察してもらうと、安心ですね。

帰省の時期は、妊娠9カ月頃の32週~34週頃がベストです。
病院からも指示が出ると思います。

また、出産を終えて自宅に帰るのは、赤ちゃんとママの1ヶ月検診を産んだ病院で受けなければいけないため、早くても1カ月後以降になります。

ということは、里帰り出産をする方は2~3カ月の間、帰省することになります。

そして、里帰り出産では、妊婦健診の受診券が使えなくなってしまいます。
しかし、あとからしっかり手続きをすれば、お金が帰ってきますので、母子手帳を貰う際に、しっかり確認しておきましょう。

里帰り出産のメリット

実家だと、実母がご飯の準備や洗濯などサポートしてくれます。
特に産後すぐは体がきついのでとても助かります。

一度、子育てを経験しているので、不安なことなども相談できるでしょう。

孫をゆっくり見せてあげることができるので、親孝行ができますね。

実家なので、あまり気を使わず過ごせることもメリットです。

里帰り出産のデメリット

旦那さんは、赤ちゃんが生まれてからしばらくの間、会えないので旦那さんが始めから子育てに参加できません。

実家が遠方だと出産に立ち会える確率が低いです。

以上のことを、しっかり理解し、旦那さんや家族と相談して決めるといいでしょう。

このページの先頭へ